外壁調査 赤外線カメラ

 

 多発する外壁落下事故等を背景に「建築基準法第12条」が改正され、

平成20年4月1日から外壁改修工事後もしくは築10年以上の特殊建築物

の外壁の「定期点検と報告」が注意喚起から義務となりました。 

点検は「全面打診調査」又は「手の届く範囲の打診と目視により調査し、

異常があれば前面打診等(赤外線調査併用)による調査」と規定され、

違反者には罰則(100万円以下)が課せられるようになりました。

 

<外壁診断が必要な対象建築物>

 

 全面打診対象の特殊建築物

 @特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの

 A竣工後10年を超えるもの

 B外壁改修後10年を超えるもの

 C落下により歩行者に危害を加える恐れがある部分の全面打診等を実施した後

      10年を超えるもの

  

    

 外壁剥離の原因

  @温度差による仕上げ層の膨張収縮

   春夏秋冬と季節による温度差により躯体との温度差伸縮幅のズレにより

   接着力が低下

  A地震による建物の変形・歪みにともなうコンクリート躯体と仕上げ層の剥離

  Bひび割れ箇所に進入した雨水による接着面剥離

  C建物施工不良

  D建物の不同沈下による外壁への圧力

 

  以上のような原因が考えられます。

 

  部分だけ浮いているなど劣化箇所が少ない場合は、部分補修で補えます

  が、今後発生する浮きや剥離に対する予防にはならず、定期的な劣化調査

  を行ったほうがいいでしょう。

  

   

  調査方法」

 

@外壁調査範囲に、足場等を設置してテストハンマーで全面打診する方法

  外壁の調査範囲に、ゴンドラや足場等を設、又は高所作業車等を使用して

  テストハンマーで打診して、打診によって発生する音の高低等で浮きの

  有無を判断する方法。

 

A手の届く範囲の打診と併用した赤外線装置法

  タイル貼り面が太陽の放射熱によって温められると、健全部分ではタイル

  表面からの熱がスムーズにコンクリート躯体に伝達されるが、浮き部分

  では浮きによりタイルとコンクリート躯体の間に熱の不良導体である空気

    層が介在されているため、健全部分と浮き部分ではタイル表面の温度に

    差が生ずる。赤外線調査は、この現象を利用して、タイル表面の温度を

    赤外線装置で測定し、浮き部分検出する方法。

 

 

 弊社では打診と目視、赤外線カメラを使用し外壁調査を行います。

 赤外線カメラの利点としましては、非接触のため足場やゴンドラ等仮設を

 必要としないこと、明るさに関係なく測定が可能(夜間でも可能)、調査結

 果を熱画像として記録し報告書が作成しやすいことなどがあげられます。

 

 

 

 

 

調査手順

 1.手の届く範囲は、目視及び打診で調査。(ひび割れや欠損等)

 2.高所壁面・人の足では行けない場所等を赤外線カメラで計測。

 3.打診・赤外線カメラの画像解析等、調査結果をまとめる。

 4.調査報告書作成・提出する。

 

 

赤外線サーモグラフィカメラとは?

   

赤外線サーモグラフィカメラ・・・対象物から出ている赤外線放射エネ

ルギーを検出し、見かけの温度に変換して、温度分布を画像表示する

装置のことあるいはその方法のこと。面の温度分布として捉え、可視化

情報として表示できる。対象物から離れたところから、非接触で温度測

定ができる。弊社では、FILR社のT1040・T640bxを使用しております。  

 

 

DC_1152.jpg

 

 外壁タイル         

    タイルが欠けている

     

  

  

 

 

 

 

    IR_1151.jpg

 

  

     

 ←赤外線カメラ画像 

    タイルが無い箇所は温度が高い

 

 

 

 

 

赤外線外壁調査費 自社見積単価表 

 赤外線外壁調査費 自社単価見積り.png