シーリング補修

外壁が年数を経つと色褪せなど劣化するように、外壁の目地も

劣化していきます。紫外線や温度変化によってシーリング材が

痩せほそっていき、ひび割れたりしまいには剥れてしまうことも

。そうなると劣化部分から雨水が浸入し外壁が駄目になってし

まいます。そうならない為にシーリング材を注入していきます。

 

 

 

施工前  亀裂、隙間ができている。

 P1070881.JPG

 

 

施工後 亀裂部 シーリング補修

 P1070984.JPG

 

 

 作 業 手 順

 

 1.既存シーリング材撤去 

   カッターなどで切れ目を入れて既存シーリングを撤去します。

 2.養生

   目地以外にシーリング材が付かないよう養生テープを貼ります。

 3.プライマー塗布

   シーリング材の密着性を高めるためプライマーを塗布します。

 4.シーリング材充填

   専用の工具でシーリング材を注入していきます。

 5.仕上げ

   充填したシーリング材をヘラで均等に均します。

 6.養生撤去

   養生テープを剥がします。

 

 ※劣化がそんなに進んでいない場合は既存シーリングの上に

 シーリング材を重ねる作業になります。