防水工事について

 防水工事というのは、アスファルト防水とシート防水・塗膜防水等ございます。

 それぞれ特徴があるので紹介していきます。

 

 ・アスファルト防水 

    薄いアスファルトシートを幾重に重ね合わせて防水層をつくります。

    アスファルトは粘着性があり水分を防ぐ接着剤となり防水性能が高い。

    トーチ工法は、改質アスファルトシートをトーチで焼付けながら、屋上などに貼る

    工法。

 

 ・シート防水

      塩ビシート・ゴムシートがあり、屋上やプールなどいろいろ利用できる。

      塩ビシート防水は、耐候性や耐摩擦性に優れている。

      ゴムシート防水は、耐候、耐薬、防音に優れている。

 

 ・塗膜防水

      特徴はどのような形状の下地にも施工できること。

      施工面はつなぎ目がないシームレス仕上げで安全性がある。

     

      ウレタン防水・・・耐久性があり、スポーツ施設の屋上や駐車場などに

                向いています。

      エポキシ防水・・・防じんや耐久性、仕上がりが綺麗。

                工場や厨房・水槽などに使用。

 

耐候年数は施工場所や既存防水層によって変わります。

簡単に説明をさせていただきました。もっと詳しく知りたい方は

メールやお電話でお問合せ下さい。